今日の勉強…phpとWordPressの仕様でわかったこと

php

今日、勉強したことのまとめ。内容は主にWordPressにphpの話。

項目ごとにあとで別記事でまとめ直すかも。

最近、WordPressをよりカスタマイズしたいなーと思って、もう少し構造を知りたくなってきました。

WordPressを知るなら、使ってるプログラムのphpを知らなきゃなってことで、どんなものか?調べてました。

前提として自分自身のプログラミングの知識はpythonをちょっと触ったことがあるぐらい。プログラミングがどういうものか?何が必要?っていうのが少しわかっているレベル。

WordPressのファイルを開いてみて、気になるものを調べていきました。phpの仕様などが多いです。

php出来ること

拡張子が.phpのhtmlファイルが書ける。

htmlファイルの途中にphpのプログラムを書いてる感じ。

これはhtmlファイルを作って、そこにphpを書いて、最後に拡張子をphpにすればそのまま使うことができそう。

phpはいくつあってもいい

一回「?>」phpを閉じたあと、htmlを書いて、再び<?phpで書きはじめることが出来る。

つまりいくつもプログラムをかけるってこと。

あと、途中で切っても、変数や定数などはhtmlをまたいでも保持される。

Web特化の関数が多くある

組み込み関数のような感じで、webに特化した関数がたくさんあるみたい。

かなり多いので正直、覚えるのつらそう…。

WordPress用の関数がある

WordPressのプラグインのファイルを読んでいたら

act_funktion()というものがあったどうもこれはWordaPressで使える関数らしい。

どうもこれを“フック”という機能らしい。

プラグインに最低限必要なものはなんじゃい

プラグインを作ろうと思って「wp-content/plugins/」の中に「testplug」と言うファルダを作ってみた。

これにphpのファイルをいれてみたんだけど、どうも読み込まない…

どうもphpのファイルの中に最低限情報を入れておかないて認識されないらしい。

コメントとして…

<?php
    /*
     Plugin Name: test
     */

プラグインネームが入っていないと認識されない。

あと、入ってなくて良いけど大抵は「readme.txt」ファイルが入っていたりする。

WordPressはコメントで管理?

プラグインがコメントがないと作用しないことから、他のphpファイルもファイルのコメントである程度判断しているのかもしれない。

コメントのないファイルも一部あったがほとんどがコメントあり、この辺は調べる必要あり。

index.phpは必要?

中身がほぼないファイルが多数あって、これって何?と調べたら…

どうもブラウザでアクセスしたときファイルを隠す役割があるんだそうな。

<?php
//Silence is golden.

「沈黙は金」

必要なファイルなのね。

wp-config.phpは重要ファイル

ここに認証について書いてあったり、とにかくセキュリティ上重要なデータ。

翻訳はpo/moファイル

設定などの文字を変更したいんだけど、うまいこと変わらない?

そもそも日本語のファイルがみつからないのだけど…?

探してみると、拡張子が「po」もしくは「mo」というファイルを発見。

ここに翻訳する文字が入っているみたいです。このファイルがあると自動でWordPress側が読み込むとのこと。

content > language

の中に格納されていた。

「po」はコンパイルされる前のデータで、「mo」はコンパイル後のデータとのこと。

「mo」のファイルを書き出しても、文字が変わらなかったので、「po」のファイルを再び専用ソフトでコンパイルし直さないとダメなのかもしれない。

今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました