【英語】サウスパーク シーズン16 – 8 わからない単語とか

サウスパーク

英語を勉強するのによくドラマやアニメなんかがいいって聞くので、「サウスパーク」を観ていてわからなかった単語とかをまとめてみました。

本編の文などは基本載せていきません。

公式のサウスパークスタジオやNetflixで観ながら調べるのが面倒な時にチラ見するって、いうカンペ的なものです。

公式、Netflixともに英語字幕が出るので、字幕付きで観ています。

とりあえず思いつきで始めたので中途半端な話から、スタートです。(笑)

冒頭の文章

entirely…完全に
エンタイアリ
延滞アリ→完全に延滞ありだー

entirely fictional…完全に作り話

impersonate…なりきる、モノマネ
インパーソネイト
つまり有名人の声はモノマネで、下手くそってこと。
よくサウスパークは有名人出てくる。

coarse language…下品な喋り方
コース ランゲージ

coarse…粗い、ザラザラした、ガサツな、下品な

due to…〜が原因で、〜に起因して

最後に誰も観ない方がいいって言ってるのがサウスパークらしい。笑

have oneself…楽しむ

have myself a time…楽しく過ごす

humble…謙虚
ハンブル
「Humble」と聞くとKendrick Lamarの曲が有名

folks…人々
フォークス
他の意味「フォークダンスのfolk」「民族」

temptation…誘惑
テンプテーション
without temptation…誘惑がない

woe…苦痛、悩みの種
ウォウ

ample…広々とした
アンプル

day…日中
day or night…昼も夜も

spout…噴き出す、ベラベラ喋る
スパウト

Howdy…挨拶、南部の男性が使うんだとか…
ハウディ
とらドラ!の英語音声で「おっはー」という部分が、「Howdy」になっていた…。

unwind…ほどく、リラックス
アンウィンド

ケニーはわからん!笑

ランディとアメフトをTVで観る子供達

boom…とどろくような音の時に使う
ブーン

concussion…脳震盪
コンカッション
他の意味「激しい振動
「コンカッション」って映画あったよね。あれもたしかアメフトの映画。

commissioner…理事、検査官
コミッショナー

hoopla…騒動
フープラー

statistics…統計データ
スタティスティックス

concern…重要
コンサーン

correlation…相関関係
コリレイション

head trauma…頭部外傷
ヘッドトラウマ

alumni…alumnusの複数系
アラムナイ

alumnus…男性の卒業生
アラムナス

ol = old

surehand→sure-handed…腕の確かな

imaginary…空想の
イメージナリィ

loaf of bread…パンの塊、一斤
ローフオブブレッド

get…わかる
don’t get…わからない

parlor…営業所、応接室、休憩所
パーラー

PTA総会

outstanding…飛び抜けた
アウトスタンディング

outstanding issue…懸案事項、未解決の問題

because of…〜のため
ビコーズオブ

instead…代わりに
インステッド

tin…スズ、ブリキ
ティン

tin foil hat…スズ箔で作った帽子
ティンホイルハット
実際にはアルミホイルで作った帽子。とんでも化学っぽい。思念波や読心術などを遮るためにかぶったそうな…

barbaric…野蛮人
バーバリック

sarcastic…皮肉っぽい
サーキャスト
sarcastaball
→皮肉ットボール

「皮肉ットボール」をする生徒たち

polite…丁寧な
ポライト

pardon…許しを請う
パードゥン
何か聞き返す時に使うと習うけど、許しを請う場合にも使う

terrific…素晴らしい
テリフィック

valuable…貴重な
ヴァリアブル

thrill…ゾクゾクする
スリル

ランディの演説

nationwide…全国的な
ネイションウインド

election…選挙
エレクション

ロッカールーム

ridiculous…ばかけた
リディキュラス

fullback…サッカー、アメフトなどのポジション

compliment…褒め言葉
コンプリメント

screw this…こんなのどうでもいい!
スクリューディス
「screw」の意味はネジを閉める
screw it!
screw that!
→どうでもいいという意味になる。

compassion…思いやり
コンパッション

walk away…遠ざかる

gooey…ネバネバ、ベタベタした
グーイー
形容詞

goo…ネバネバ、ベタベタ
グー
名詞

ランディコーチ就任

nation…国民、国家
ネイション

embrace…受け入れる
エンブレイス
他の意味「抱き合う」

a part of…〜の1部

nice going…さすがだ、大したもんだ

開幕試合

inaugural…初開催の、開幕
イノーギュラル

butt…標的、対象
バットゥ

whoop…大きな叫び
フープ

Cee Lo
ミュージシャン、シーローグリーンのこと。グッディーモブのメンバーとしてデビュー歌もラップもこなす。

rid…(望ましくないものを)取り除く
リッド

学校

seriously…真面目に
シリアスリィ

might…かもしれない
マイト
mayの過去形で許可を表したりもするが、こっちの使いかたの方が多い。

as well…同じく、同様に

forfeit…喪失
フォーフィット

overflowing…あふれている
オーバーフローイング

開幕試合2

signaling…シグナル
シグナリン

replacement…代理の
リプレイスメント
他の意味「交換」「返却」

ref=referee…レフェリー

invented…発明する
インヴェント

day off…休日

バターズ家

polite…丁寧な
ポライト

mojo…人をひきつける力
モジョ
他の意味「呪術」

especially…とりわけ、特に
イスペシャリィ

surplus…余分
サープラス

bleach…漂白
ブリーチ

flavour…風味
フレーバー

この話は「オエーーーー」って感じだな..笑

ランディニュース出演

compelling…注目せずにはいられない
コンペリング
他の意味「強制的な」

first off…最初に

totally…本当に、すごく
トウタリィ
他の意味「全体的に」

intend…〜するつもり
インテンド

end up…結局〜で終わる、〜する羽目になる
エンド アップ

certainly…確かに
サーティンリィ

nail-biter…展開の読めない話、ハラハラさせられるもの(試合、映画)
そのまま「爪を噛む人」という意味でも。

check that…いまのなし
そのまま「点検する」という意味でも

in fact…いやむしろ
他の意味「実態には、つまり」

all of you…あなたたち全員

unable…〜できない
アネイブル

Do you mean 〜 ?…〜ってこと?
確認する

試合2

first string…(スポーツの)先発、一軍の

wideout…アメフトのワイドレシーバー(攻撃ポジション)

outfit…用具一式、(ひとそろいの)洋服

cuddle…抱きしめる
カドル

what is going on…なにがどうなっている
他の意味「現在の状況」

provoking…腹立たしい
プロボウキング

ランディのMRI検査

permanent…永続的な
パーマネント

permanent damage…一生の傷

affect…(病気が)侵す、襲う

correlation…相関関係
コリレイション
シーン1にも出てくる単語。

fascinating…魅力的な
ファッショネイティン

Alzheimer…アルツハイマー病

heart-warming…心温まる

regard…評価する、尊敬する
リガード

funding…財源
ファンディング

genetic…遺伝の
ジェネテック

disease…病気
ディズィース
genetic disease…遺伝病

TV コマーシャル

tidings…知らせ
タイディングズ

chock-full…たっぷり詰まった
チョックフル

essential…不可欠な
エッセンシャル
よく化粧品とか「エッセンシャルオイル」って使うイメージ

commitment…義務、責任
コミットメント
ビジネス用語で出てくるやつ!

compassion…思いやり
コンパッション

comradery…友情、仲間意識
コムレイドリィ

available…できる、有効な
アヴェイラブル

quart…液量のサイズ、1/4ガロン
およそ1リットルぐらい。(国によって開きがある)

chug…一気飲み
チャグ

serve…給仕する
サーヴ
best served 〜
(食事・飲み物など)〜して出すのが一番おいしい

  • best served chilled
    冷やして出すのが一番おいしい
  • best served hot
    温めて出すのが一番おいしい

temperature…(物などの)温度
テンパーチャ、témpərtʃùər
他の意味「気温」

再び試合

intercept…(アメフト)相手のチームパスをノーバウンドでとる
インターセプト
他の意味「妨害する」「取り押さえる」

hang on…ちょっと待って
他の意味「しがみつく」

exaggerate…誇張した
イグザジャレイト
動詞

heck…”hell”の婉曲語(えんきょくご)
Oh my god → Oh my goodness
と似た感じ。
直接的に言うのを避ける。
heck of a 〜…すごい〜、素晴らしい〜

tickling…くすぐる
ティックル

get along…(人と)仲良くする
他の意味「先へ進む」「なんとか暮らしていく」「はかどる、うまくいく」

believe…思う、考える
ビリーヴ
他の意味「信じる」

competitiveness…競争的な
コンペタティブネス、kəmpétətɪvnəs
「ぺ」の部分がアクセント、ちょっと長く言ってもいい

sincere…誠実な、偽りのない
スィンスィア

grumpy…不機嫌な
グランピィ

怒られるバターズ

ーphobic…ーを嫌うー怖がる
ホビック

chauvinistic…男子上位主義者
チョバニスティック

maturity…成熟
マチュアリティ

endorse…承認する宣伝する
インドーズ

grounded…家に閉じこもる

philosophic…哲学的な
フィロソフィック

it was nice knowing you

「会えてよかったよ」
皮肉を込めて、実際には会いたくなかった人、もう二度と会いたくない人に使う

stiff…硬直した
スティフ

pointy…先のとがった
ポインティ

まとめ

ラストになるにつれて酷くなる話だった。個人的には「オエーーー」って話だった。

印象的なワード

  • sarcastic – 皮肉な
  • compassion – 思いやり
  • competitiveness – 競争性

“it was nice knowing you.”
これが皮肉になるっていうのに気をつけないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました